ごえん分校について

フェスから生まれた町おこし

2014年4月19日、20日 東京都あきる野市にて野外音楽フェス「OTODAMA FOREST STUDIO」が開催され数多くの人気アーティストが出演。2日間で10,000名近くの来場者が訪れ大盛況の中終了しました。
「OTODAMA」とは、 神奈川県に夏季限定でオープンする海の家ライブハウス「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」を拠点として様々なイベントを開催している音楽イベント。この海の家ライブハウスは、木造で建てられており木材の一部は、東京多摩地域で生産されている多摩産材を使用していました。そこで里帰りとしてあきる野市が「OTODAMA FOREST STUDIO」開催地として選出され野外フェスの開催に至りました。

「OTODAMA FOREST STUDIO」には、あきる野市在住の方を中心に数多くの人がボランティアスタッフとして参加。来場者や近隣の皆様からも喜びや感謝の声を数多くいただく中で、スタッフからも今回の会場となったあきる野市旧五日市町エリアを自分たちの手で今以上に楽しい街にしたい、そんな機運が高まりました。まずは「地域に関する勉強会」というアイデアにより、五日市の地元の方で「ごえん分校」を立ち上げました。

そして現在では人が人を呼び、ジモト、ヨソモノ、カワリモノ、色んな人が関わりながらごえん分校では五日市を盛り上げる活動を続けています。“ ごえん ” は旧五日市町のシンボルマークであった円形にデザインされた“五”と、漢字の ” 縁 ” などの意味を込めたものです。五日市というまちを楽しくする仕組みを、楽しく学び、そして仲間と作っていきたいと考えています。