12/4(日)ごえん分校勉強会を開催!ゲストは長崎県五島列島の私設図書館”さんごさん”をつくったオーナー夫婦

ごえん分校の拠点であり、五日市の中心地である、あきる野市五日市壱番館。
五日市をもっと面白く。地域のことをちょっと考える日”ごえん分校”。地域で活躍するゲストをお招きして、刺激をもらいながら、五日市でできることのアイデアを出してみましょう。

今回の登壇ゲストは長崎県五島列島の福江島で古民家を改修、私設図書館”さんごさん”をつくったオーナー夫婦にお越しいただきます!
オーナー夫妻は東京在住。離れた場所にいながら、地元の人とアイデア出し、”みんなのほしいものー”図書館”をつくることに。島内外の人を巻き込みながらいまもゆるやかにすてきな場所づくりをおこなっています。
さんごさんお活動の様子はcolocalで連載中▼
http://colocal.jp/topics/donuts-culture/sangosan/20161111_84467.html

最新の情報はfacebookページ▼
https://www.facebook.com/sangosan/

 

【日時】2016年12月4日(日) 午後14時スタート(開場は30分前より)~16時(終わった後に懇親会あり)
【会場】あきる野五日市1番地 2階
【ゲスト】さんごさんオーナー鳥巣夫妻
【参加費】1000円(学生は無料)

10/23 ごえん分校 グラフェスをリポート!

こんばんわ!ごえん分校の金久保です。
10月23日に東京の西の街、五日市にて開催された、ごえん分校主催イベント『”街角”フェスティバル~東京の”ふるさと”でグランピングフェス!~』。

img_1761

JR武蔵五日市駅より徒歩すぐの会場。普段は駐車場として使われているスペースをグランピング仕様に装飾、アレンジ。“グラフェス”と名付けたこのイベントは、その名の通り贅沢なキャンプ場のように華やかな空間へと変貌を遂げました。

dsc_8055

dsc_8156

スタッフは入念な打ち合わせを重ねて、準備万端で当日を迎えました。この日のために多くのフード出店者、ワークショップブースも揃い、メインのLIVEである、「LIFriends」、「平井 大」は観客を大いに盛り上げてくれました。そのイベントレポートをお届けいたします。

 

 

朝8:00よりスタッフは集まり、最終チェック、装飾の仕上げを進めました。
そんな中、当日販売のお食事パスポートを求めて大勢のお客さんが開場時間前に集まりました。スタッフ一同驚くと同時に、士気も高まり入場の準備を急ピッチで進めました。

dsc_8056

dsc_8071

dsc_8077

dsc_8081

長蛇の列が会場内を埋め尽くし、11:00〜の販売開始時間より少し早くから整理券付きお食事パスポートを販売しました。当初の予定枚数をはるかに越える入場客によりパスポートは完売となりました。

dsc_8130

dsc_8125

img_1783

その後お客さんは最初のLIVE「LIFriends」の開始まで会場内でグランピングを楽しむ様子が伺えました。お子さん連れのお客さんも多く、大人から子供まで楽しんでいました。

dsc_8140

dsc_8099

img_1802

img_1770

dsc_8106

dsc_8108

dsc_8117

そしてこの日最初のライブアクトとしてステージに立った、「LIFriends」。勢いよく登場した彼らは、早速会場を温めるべく、お客さんとの振り付けで一体感のあるステージを披露しました。MCでは地元羽村市のエピソードも絡め、地元ファンからの歓声が上がった。

その後もホームの地で安定したパフォーマンスは続き、若い観客だけでなく、次第に地元の高齢客も巻き込み、その心を確かに捉えていた。

dsc_8163

dsc_8166

続いては、「平井大」率いるバンドメンバーYui×Shuが会場広場に登場。「ウッドパーカッションワークショップ」による演奏でお客さんと一緒になってセッションを披露しました。パーカッショ二ストYuiが共同製作した『JM×Djembeyui ウッドパーカッション』は会場内での販売も行われた。

dsc_8525

dsc_8527

パーカッショニストYuiによる軽快なリズムが会場に鳴り響く。ギタリストShuと共に曲を演奏、最後にはYui×Shuのスペシャルミニライブは子供から大人までを魅了した。

dsc_8530

dsc_8531

その後、夕暮れ時になり会場に明かりが灯すと、昼間とは打って変わって幻想的な雰囲気に包まれた会場。ラストのLIVE「平井 大」の開演前には大勢の観客がステージに押し寄せた。

img_1835

そしてメインステージのトリを飾る「平井 大」が登場すると観客から自然と歓声が上がる。静けさの中でステージ横には火が焚かれ、グランピングの会場は一気に赤く彩られた。

dsc_8647

11/9リリースを控えた「アコースティックカバーアルバム」収録の人気曲を演奏していく。落ち着いた演奏で観客は自然とその音楽に引き込まれている様子でした。70分に渡るLIVEは五日市の街を非日常のグランピングの世界へと誘う贅沢な空間となった。

その後「平井 大」による握手会、サイン会が開催され、揺らぐ炎の余韻を楽しみつつイベントは幕を閉じました。

dsc_8784

ごえん分校では3回目となったフェスの開催。商店街の活性化をテーマに開催された今回のイベントはスタッフも想像以上の反響に驚くと同時に、ご来場いただいた多くのお客さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
“フェス”を経て、ごえん分校としての結束も深まり、試行錯誤していたわたしたちの街づくりの一つのアプローチは確信にも繋がりました。

また遠方から来ていただいたお客さんに五日市という街を知っていただき、また別の機会でこの街を訪れるきっかけとなれば幸いです。紅葉のシーズンのトレッキング、登山にぜひお越しください。その際には是非、ごえん分校のシンボル壱番館へも足を運んでみてください。

次回の開催は決まってはいませんが、今後も多くの方が訪れるような街のイベントを作っていきたいと考えております。
今回ご出演いただいた皆様、出店協力いただいた皆様、ボランティアスタッフとしてフェスを作り上げた多くの皆様ありがとうございました!

ごえん分校グラフェス 優先入場券販売のお知らせ !!

【ごえん分校グラフェス 優先入場券販売のお知らせ !!】

今回のフェス入場無料ですが、当日会場内ブースにて各アーティストのライブごとに優先入場券を販売いたします!

このチケットは五日市商店街内の指定飲食店で使用可能な 1,000 円 offクーポンに加え、 優先入場券としてアーティストに近い前列や、好きなエリアでLIVEを閲覧することが可能です!優先入場券は各アーティスト限定50枚の販売となっております。売切次第終了となますので、是非ともオープン時間よりお越しいただき、せっかくの機会ですので五日市の街並みも楽しんでいただければと思います!

〜詳細はこちら〜

【販売開始時間】
11:00〜 / 会場入口 販売ブースにて

【TICKET】
当日販売のみ ¥1,000(税込) / ※LIFriends・平井 大 限定50枚ずつ

【お食事パスポート利用可能店舗】
ラーメン天和
住所:東京都あきる野市五日市64
電話:—
ジャンル:ラーメン・餃子

魚鶴
住所:東京都あきる野市五日市146-1
電話:042-596-0114
ジャンル:手打ちそば

音羽鮨
住所:東京都あきる野市五日市50
電話:042-596-0009
ジャンル:中華・寿司

魚治
住所:東京都あきる野市五日市68
電話:042-596-0101
ジャンル:和食・寿司

美松
住所:東京都あきる野市五日市164
電話:042-596-0704
ジャンル:居酒屋

菓子処 桝屋
住所:東京都あきる野市五日市836
電話:042-596-0039
ジャンル:和菓子、不二家ケーキ、お土産等
(※イートインはありません。)

グラフェス出店情報vol.3!!

10月23日(日)は、ごえん分校主催の「グランピングフェス」が開催されます♩ごえん分校のfacebookページでは、出店が決まったコンテンツを定期的に発信していきます。

~スペシャルティコーヒー・コーヒー豆~
自身でコーヒーショップを経営するケニア出身のデニス!コンセプトは、 刺激的で美味しい、記憶に残る一杯! 秋川渓谷の街角で、 多数国から珍しい、Free tradeコーヒーを味わおう!
グランピングに美味しいコーヒーは欠かせません!

料 金: 一杯 500円

グラフェス出店情報vol.2

10月23日(日)は、ごえん分校主催の「グランピングフェス」が開催されます♩ごえん分校のfacebookページでは、出店が決まったコンテンツを定期的に発信していきます。今回は、ワークショップブースのご紹介♩様々なライフスタイル雑誌でも取り上げられている今大注目のつくり手さんが出店します!

 

ウッドガーランド

 

“ワークショップ”〜
〜ウッドガーランドを作ろう♪〜
お好きなスタンプをお好きなところに押して世界に一個だけの オリジナルガーランドを作ろう♪お部屋に飾ってインテリアに したり、キャンプに持って行って入り口に飾ったりと楽しめます♪
お子様も参加できますので親子でお気軽にご参加くださいませ!
料 金:3,000円
時 間:約20分

〜JUN MURAYAMA〜
二十歳の頃、サーフィンと出会い、 某大型サーフショップのバイヤーなどを経て15年前に木材を扱う家業の四代目となる。身に付けた知識や加工技術を活かし2013年自身のブランドJMをスタート。 現在は海のそばでアトリエを構え、波乗りをするときに受けるインスピレーションで海を感じる家具やインテリア、アパレルなどを発表。 BEACH&NATURAL LIFE STYLISTとして活動中自身の作品は随時インスタグラムで発表、よろしかったらご覧くださいませ♪
instagram @jun.murayama
HP:jm-surf.com