グラフェス出店情報vol.2

10月23日(日)は、ごえん分校主催の「グランピングフェス」が開催されます♩ごえん分校のfacebookページでは、出店が決まったコンテンツを定期的に発信していきます。今回は、ワークショップブースのご紹介♩様々なライフスタイル雑誌でも取り上げられている今大注目のつくり手さんが出店します!

 

ウッドガーランド

 

“ワークショップ”〜
〜ウッドガーランドを作ろう♪〜
お好きなスタンプをお好きなところに押して世界に一個だけの オリジナルガーランドを作ろう♪お部屋に飾ってインテリアに したり、キャンプに持って行って入り口に飾ったりと楽しめます♪
お子様も参加できますので親子でお気軽にご参加くださいませ!
料 金:3,000円
時 間:約20分

〜JUN MURAYAMA〜
二十歳の頃、サーフィンと出会い、 某大型サーフショップのバイヤーなどを経て15年前に木材を扱う家業の四代目となる。身に付けた知識や加工技術を活かし2013年自身のブランドJMをスタート。 現在は海のそばでアトリエを構え、波乗りをするときに受けるインスピレーションで海を感じる家具やインテリア、アパレルなどを発表。 BEACH&NATURAL LIFE STYLISTとして活動中自身の作品は随時インスタグラムで発表、よろしかったらご覧くださいませ♪
instagram @jun.murayama
HP:jm-surf.com

グラフェス出店情報vol,1!

【グラフェス出店情報vol,1】
10月23日(日)は、ごえん分校主催の「グランピングフェス」が開催されます♩ごえん分校のfacebookページでは、出店が決まったコンテンツを定期的に発信していきますよ〜♩

〜vol1〜
五日市名物!?
~鮎の洋風焼きそば~
新しいアウトドアを五日市で発信している団体
【do-mo】さんプロデュース!秋川渓谷の鮎を、様々なハーブを用いて煮込み開発した鮎OILを使った焼きそば。 鮎のほのかな苦味がアクセントとなった新感覚です!お腹がすいたらご当地グルメで一休み♪

阿伎留神社 例大祭 2016

こんばんわ ごえん分校の金久保です!

五日市で300年続く歴史あるお祭り「阿伎留神社 例大祭・五日市祭り」が先週開催されました!

街が一つになって作り上げるこのお祭りは毎年9月28日・29日・30日に開催されています。3日間の間、街の中はお神輿や山車があちらこちらに出回り活気付きます。夜の檜原街道を本社神輿(みこし)が練り歩き、獅子舞、おはやしも加わって街はお祭りムード一色。

阿伎留神社例大祭

阿伎留神社例大祭

阿伎留神社例大祭

阿伎留神社例大祭

阿伎留神社例大祭

ごえん分校ではクラウドファンディングの支援者様、関係者を壱番館2階に招待し、祭りのフィナーレとも言える宮入を見物しました!写真に写っている重さ600キロという本社神輿は、その姿から「六角神輿」と呼ばれています。

阿伎留神社例大祭

古民家 壱番館のある十字路は人でひしめき合い、宮入りでクライマックスを迎えました。壱番館2階からの眺めは大迫力そのものでした!

五日市にたくさんの観光客が訪れ、壱番館を初めて見られた方も多かったのかと思います。気になった方は是非改めて紅葉シーズンの観光の際などに立ち寄ってみてくださいね!

壱番館リニューアル後 初イベントはヨルイチにて「田辺凌鶴 夜の講談」!

皆様、こんにちわ!ごえん分校の金久保です!

五日市 壱番館にて初のイベントとなったヨルイチ。あいにくの天気でしたが、「田辺凌鶴 夜の講談」全三回公演たくさんのご来場ありがとうございました!

あいにくの天気ではありましたが、たくさんのお客様にお越しいただきました。スタッフも雨の中呼び込み頑張りました!

ごえん分校 スタッフ

 

今回のヨルイチでは「道場の賭け試合」、「千葉卓三郎と五日市憲法」、「お掃除ホームレス」を講談していただきました。壱番館にちなんだお話しもあり、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

田辺凌鶴 夜の講談

koudan2016-76

koudan2016-63

 

今後も講談、落語などのイベントを壱番館で開催していく予定です。次回の開催もお楽しみに!

– – – – – 講談師 田辺 凌鶴さんの情報はこちら – – – – –

◆オフィシャルホームページ
http://kodankyokai.com/profile.php?act=detail&sn=116

◆Twitter
https://twitter.com/ryoukaku_t

壱番館レセプションイベントリポート!

皆様、こんにちわ!ごえん分校の金久保です!
あきる野市五日市の新たな拠点、壱番館。いよいよ今週よりオープンとなりました。オープンに伴いレセプションパーティーが2016年8月21日(日)壱番館にて開催され、ご来賓の方、たくさんお客様で盛り上がったイベントの様子をお届けいたします。

 

 

壱番館

 

 

天候不良が続くなかオープニング当日は快晴。青空の元、まもなく壱番館リニューアルオープンです。

この日を迎えるまでにスタッフは何度も会議を重ねてきました。当初8月7日オープンの予定ではありましたが、より良いかたちでこの日を迎えることができました。

 

 

ごえん分校 成木

 

 

早朝より準備に入り、入念なリハーサル、お客様を迎える準備に追われています。こちらは入口看板を作成中です。

 

 

ごえん分校 スタッフ

 

 

一通りの準備が整い、お昼休憩。スタッフは和装、浴衣に着替えました。この壱番館の和の空間は自然と緊張感をほぐすかのようで、スタッフはほどよい緊張感とリラックスした面持ちです。

 

 

体験茶や

 

 

オープニングを迎えた14時。1階「体験茶や」がスタートしました。この「体験茶や」では和文化体験を楽しめるツアー、喫茶として展開していきます。イベント当日は一般の参加者も和文化体験ができるワークショップを開催しました。

 

 

代表 田中龍樹

 

着付け体験

 

染め体験

 

 

「紙漉き」、「着付け」、「木工」。それぞれ講師による本格的な体験コーナーとして、賑わいをみせました。ごえん分校スタッフも合間に参加させていただいています。

 

 

奉銘板
続いて、2階部分を覗いてみましょう。オープンにはまだ時間がありますので、「*奉銘板」を紹介させていただきます。

今回この壱番館の運営に向けてご支援いただいた方のお名前を掲載させていただいております。これだけの多くの方の支援があったこと、壱番館を守り後世に残すことができた証として、大切に飾らせていただいています。

*奉銘板掲載対象のコースを支援いただいたお客様による掲載となっております。

 

 

レセプション

 

レセプション

 

 

時刻は16:00。いよいよオープンです。司会進行役としてわたくし金久保より開会のご挨拶をさせていただきました。続けて代表の田中よりご挨拶。この日を迎えるまでの道のり、ごえん分校としての想いを話しました。

 

 

あきる野市長 澤井敏和様

 

あきる野市観光協会会長 松村 博文様
来賓によるご挨拶として、あきる野市長 澤井敏和様、五日市商和会会長 市倉理夫様、あきる野市観光協会会長 松村 博文様、あきる野市前教育長 宮林 徹様よりお言葉を頂戴いたしました。

 

 

体験茶や 店主 坂本さん

 

 

その後は1階部分、2階部分の運営用途、また今後のごえん分校の展望についても

説明をさせていただきました。

 

 

LIVE

 

LIVE

 

 

その後はLIVEあり、お食事ありの懇親会へと移ります。この壱番館で想い描いていた様々な“ヒト”と“ヒト”の交流の場となりました。

 

 

盆踊り

 

盆踊り

 

 

最後は五日市のお祭りにかかせない盆踊り。舞踊連盟の方々を招待し、お年寄りからワカモノまで輪をつくっての盆踊り。夕暮れ日の沈む中、五日市の中心地が賑わい、自然と街の人達も見に来ていました。

 

 

外国人インタビュー

 

外国人インタビュー

 

 

盆踊り休憩時間には、ごえん分校スタッフ河野さんによるお客さんインタビュー。横田基地よりお越しいただいた外国人インタビュー、お客さんとのやり取りや通訳は会場を大いに沸かしてくれました。

 

 

時刻は20:00。閉会の挨拶により、壱番館レセプションパーティーを締めくくることになりました。

 

 

ごえん分校

 

 

イベントを終えて、わたしたちごえん分校では、五日市という街の更なる可能性を実感することができました。今ごえん分校が観せたい、つくりたい街の姿をこのイベントで映し出せたのではないでしょうか。

 

 

ごえん分校としてこの日は新たなスタート、再出発であり、これからもっともっと五日市を盛り上げていけるようにスタッフ一同様々な活動に取り組んでいきたいと考えています。

 

 

これまでにたくさんの応援、支援いただいた皆様、オープン準備にご協力いただいた皆様この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

今後はホームページ、Facebook等でごえん分校の取り組み、活動をアップしていきますので、是非そちらもチェックしていただけばと思います。

 

 

“ヒト”と“マチ”のご縁をつくる 五日市 ごえん分校を今後とも応援よろしくお願いいたします!

 

 

ホームページ:http://goen-bunko.com/

Facebook:https://www.facebook.com/goenbunko/